2017年10月6日

西武新宿線

居酒屋「竜二」に入る 9:58PM

・・・

あたしね大昔都立家政に住んでたのよ

一同 エー!

うん あたしが最も極貧だった時代にね(笑)

一同 (笑)

やっぱね 西武新宿線っていい電車よ やさしいのよ
もう 全員にやさしいのよ 極貧のオカマにもやさしかったんだから
でもどこ住んでんの?って言われたら高円寺って言い張ってたの(笑)

一同 (笑)

右隣の女性客 わかる

都立家政って言ってもどこ?から始まるわけよ

一同 (笑)

もう面倒くさくなって しかもあの西武新宿線の不便さ?に
耐え切れなくなって あの3分ぐらい多めに歩く高円寺を
利用するようになるのよみんな

(右隣の女性客に向かって)都立家政って何なの?あれほんとねえ?

右隣の女性客 でも沼袋も面倒くさいんで中野って言います

あ、言っちゃうの?

右隣の女性客 言っちゃいます

・・・

(左奥の男性客のTシャツを見て)どこで買ったの?そのシャツ 
ほんとそれもう

左奥の男性客 テキサスです

テキサス?テキサス行ってきたの?

左奥の男性客 はい 新婚旅行で

ちょっとテキサスに行く余裕があるんだったら早く西武新宿線を
脱出しなさいよ本当に

一同 (笑)

左奥の男性客妻 いやなかなか・・・

いやウソウソ! ねえ? 住み慣れちゃうとねえ

左奥の男性客 いい街です

あのユルさがいいのよ あの 高田馬場なんかで
山手線から乗り換えた時の あの何て言うんだろう?
あのー「みんな借金してんじゃないか?」みたいな顔してんのよね

一同 (笑)

あれがねやっぱ西武新宿線のいいとこよね うん
あたしこれ殺されるよね?西武新宿線沿線の
いやこれでも 愛の裏返しよ 
(左隣の男性客に向かって)そうだよね?

左隣の男性客 うなづく

(左隣の男性客に向かって)愛伝わる?

左奥の男性客 超借金してます

(左隣の男性客に向かって)やっぱ借金してんだろ?

左隣の男性客 (笑いながら)してない!してない!

してるんだって だって借金顔だもんこれ

左隣の男性客 (笑いながら)してない!してない!

借金顔だってこれ

無理矢理線路を通した感じがいいのよ
野方なんてお前もう環七の上に無理くりホーム作ってんだから
大変なんだからお前もう 暴風がもう吹きすさぶんだから 
ブワーって!お前もう
見捨てられてるんだよ開発 永遠に踏切は開かないんだよもう

一同 (笑)

西武新宿線の踏切に夜明けはないんだよもう

カウンター客 沼袋あれですよもう 踏切今ある所 電車地下通しますから 
今後 オリンピックぐらいの時に

イヤイヤ!信じちゃダメよそんなの

一同 (笑)

カウンター客 工事やってますよもう

イヤイヤイヤ!

カウンター客 工事やってますって!

そんなわけないって! 
西武鉄道が新宿線にお金をかけるわけないんだから
メインは池袋線なんだからあれ

右隣の女性客 工事してるよね?

イヤイヤ!あれ工事してる風に見せてんだから
何にもしてないってあれ

本当に地下になんの?どっからどっかまで地下になんの?

オーナー 中井から野方とかそこら辺までです

中井から野・・・一瞬で終わるな!本当に
まあでも そこの踏切が全部解消されるわけね

カウンター客 そういうことです

これ大変よ 行き来自由になったら南北が
もうこれ応仁の乱みたいになるからねこれもう
もうあそこで塞き止められてるから輩たちが 有象無象が 
みんなあのもうこれで行けないから 諦めてんだからもう
フリーになったらもう戦争だよ 大変だよこれ
わかんないだろうな!このニュアンスもうグーグルマップで検索して!
西武新宿線のこう形状を うん

・・・

厨房のお兄さん 奥で聞いてたんですけどあの 都立家政に住んでるって
いうの 初めの何話か目に言われてますね

オオ!言ってた?あたし

厨房のお兄さん 言ってましたね

もう何年前だろ?都立家政に住んでたの (つくね食べながら)20年以上前
そう!だからゴメン!これあたしが言ってた 西武新宿線のイメージは
20年前のことですからね

スタッフ なるほど

今はもっと 幸せな人たちが住んでます

スタッフ なるほどなるほど 20年前の話なんですね

・・・

厨房のお兄さん 沼袋だって来てくれると思ってなかったんですもん

なんでなんで?

カウンター客 ついこの間この話してたんですよ 
「マツコさん来ないだろうなこんな街に」みたいな
「沼袋来るぐらいだったらみんな中野行くよ」

(栃尾揚げを頬張りながら)いや中野もいいとこよ
でもなんか この番組意外とこういう変な街来るよね
変な街って言っちゃったわよ!あんたもう

一同 (笑)

西武新宿線・・・ってなかなか いいのよ
こう悲哀のある電車なのよ
ずーっとこう(半円を描きながら)私鉄がバーって通ってるけど
なんかこう なんだかどこに行ってんだかもわかんないし
なんかね そうなのよね
始発もね JRの駅にくっついてないし 
歌舞伎町の横から出るんだぞ電車
もう朝方なんてもう世捨て人みたいな奴ばっかりだよなあもう
しかも世捨て人の中でも金がない奴が住むんだよ

これわかんねーだろうなー全国の皆さんにはこの西武新宿線の感じ
これでもね 本当に西武新宿線を愛している人たちは笑ってくれると思う
(右隣の女性客に向かって)そう思わない?

右隣の女性客 思います

だよね!

・・・

いやーやっとねーあのねー あのー高田馬場のねBIGBOXがね
あのー変な人間のイラストがなくなったのよ 
あのねそう あの変な人間のイラストって何なんだ!っていうねあれね 
そうなのよ もうあれが悲しいんだよなんかあの 
急カーブを曲がるんだよ 物凄い 上りながら物凄い急カーブを
曲がるんだよ ギュインギュイン鳴ってんだよ 車輪がもう 
あんなカーブ見たことねえよ東京で 無理くり作ったんだよ

スタッフ 今もあるんですか?

今もあるよ ねー? 下落合から高田馬場にこう抜ける前に
山手線をくぐるんだよ くぐった直後に横付けするんだよ
だからもうギュウーンって こうやってあの窓際に立ってるともう
もうグワって見えんだよこう前のこう 軋んでる電車がこう 黄色いな
黄色いのが 西武新宿線は いい電車だ

・・・

いいなあ なんかこれぐらいがいいね 沼袋いいね 

2017年8月10日

食べられる肉・食べられない肉の境界線

麻布十番・日進ワールドデリカテッセン ハム・サラミ売り場にて

スタッフ マツコさん 基本お肉苦手じゃないですか。

うん

スタッフ でも餃子OKで そのOKとダメの境界線は?

うんもうだからこれが難しいんだよねー 
あんたたちみたいな アマチュアに紹介すんのが難しいのよ
この肉界のね

~以前訪れた店にて

あたし知ってる?あたし肉嫌いなの知ってる?

店員A 知ってます

そうなのよ 意外でしょ?

店員B 意外ー

あたし四つ足動物食べれないの

~と言いつつ肉類を頬張るマツコ

ハンバーグ (2016年10月13日 馬喰町)
焼小籠包 (2016年11月24日 西武池袋屋上)
メンチカツ (2017年3月30日 世田谷区松陰神社)
餃子 (2017年4月13日 荒川区尾久)

あのね まあ大雑把に言うと その獣を感じるのが苦手なんですよあたしは
その 歯ごたえだったり匂いだったりで 野生を感じてしまうのが苦手なの

スタッフ なるほどなるほど

できるだけだからほら 例えば餃子の中には ニンニクが入ってたり野菜は
いっぱい入ってるじゃん

スタッフ 確かに

ちょっと薄れるじゃん獣感が あとミンチにしてあるし
ハンバーグもだから牛肉100パーはダメなの

スタッフ なるほどそういうことか

つなぎとか玉ねぎがいっぱい入ってるフワフワの・・・
面白くないだろ この話!
だから言ったんだよ!だから止めろって言ったんだよ!

スタッフ でも謎は解けました

全部それで編集であたしのせいにするんだよ!
お前らのやり口はもうわかったんだよ大体

スタッフ これはでも使えます

(ちょっと機嫌が直った風に)使える?

スタッフ 使えると思います

全ッ然面白くないけどねー 全ッ然面白くないからな!

2016年12月31日

ふるさと審査員

~NHKホール正面前 

マツコ ここだよお父さん

タモリ ここだね

マツコ ここだよ あら

(立っている一人の警備員)

タモリ こんばんは

マツコ こんばんは

警備員 入場整理券はお持ちですか?

(お互い指さしながら)

マツコ お父さん持ってる・・・

タモリ いやいや・・・

マツコ お父さん昨日持ってくって言ったじゃないのよ
     酔っ払いながら「俺が持ってく!」って怒ったじゃないあたしのこと

タモリ 言わないよ俺

マツコ 探してよ

タモリ ちょっと待ってください

(それぞれのバッグの中を探す二人)

マツコ あたし・・・ないよお父さん

タモリ おかしいな・・・

マツコ だってあたし持ってきてないもん今日 
     お父さんが持ってくるって言ったからあたし持ってきてないもの

タモリ 言ったっけ?言ったっけ?

マツコ 何だったっけ?ほらあれ?

タモリ 言われてるんですよ あのーふるさとキャラバンなんです

マツコ ふるさとキャラバンじゃないって!何か・・・何とか調査員みたいな
     やつだよ

タモリ 出口調査?

マツコ 出口調査じゃないよ!何とか・・・何とか調査みたいの・・・

タモリ あの普通のじゃないんです

マツコ 普通の観覧じゃないんですよ

タモリ あのー呼ばれてるんですけども

マツコ だから入らないとマズいんですよ今日

警備員 お持ちでないと入場できないんですよ

マツコ 四角四面なことばっかり言うんだよねNHKはこうやってあんた
     お父さん本当に

タモリ も、もう一回探します

(それぞれのバッグの中を探しながら)

マツコ お父さん持ってくるって言ったから

タモリ 言ったかな・・・

マツコ ないわよあたしお父さん


~再びNHKホール正面前 

(警備員が五人に増えている)

マツコ プロデューサーさんなの?

タモリ プロデューサーに言えば・・・あの・・・

マツコ プロデューサーに言ってもらえばわかるんでちょっと

タモリ 呼ばれて来たんで・・・

マツコ 入れてくださいよ

警備員 整理券をお願いします

タモリ 整理券・・・あのだから・・・

マツコ (一人の警備員を指して)何この人もう・・・だからもう入れてよもう 今・・・

(マツコ、五人の警備員に突進して押し問答)


~NHKホール内

タモリ こっちじゃないか?音がするよ

マツコ 誰も案内してくんないんだから

タモリ 案内しないんだよな

マツコ 大丈夫なの?お父さんこんなとこ

タモリ こっちだよ こっちこっち

マツコ 大丈夫なのこれ?お父さん

(舞台裏に出る)

マツコ イヤだこれお父さん!お父さんこれ!ちょっとどうなってんのこれ?
     
マツコ (舞台の方を見て) あれ!お父さん!

(歌い終わった水森かおりがセットと共にやって来る)

マツコ あれ!

タモリ 凄い

マツコ お父さん!

タモリ 何?

マツコ あれお父さん幸ちゃんじゃないの?

タモリ 小林幸子出てないよ

マツコ 幸ちゃん、幸ちゃんじゃないのあれ?

タモリ 違うよ よく見てよ

(水森かおりがセットの上から手を振りながら通り過ぎていく)

マツコ あらやだ!お父さん!お父さん!お父さんほら!
     お父さん誰だっけ?お父さん

タモリ 水森亜土だよ

マツコ 水森亜土、水森亜土!?

タモリ そう

マツコ 水森亜土ちゃん・・・(水森かおりに向かって手を振る) 
     お父さん・・・凄いね

(カメラが通り過ぎる)

マツコ アーアッ!ごめんなさいねヤダ お父さんこれ見れるんじゃないのこれ?

タモリ こっちどこだ?これ

マツコ どこ?お父さんこれ どこに行ったらいいの?


~ベンチに座っている二人

タモリ 誰が歌ってるか全然わかんない

マツコ (ベンチの隣に置いてある積まれた弁当を凝視)

タモリ 「ぜんぜんぜん」とか言ってた

マツコ (タモリを叩く)

タモリ どうしたお前?

マツコ お父さんほら(置いてあった弁当を渡す) お父さんいいから

タモリ 疲れたよな

マツコ (弁当を開けながら)食べちゃおうそれ

タモリ 弁当どこで売ってた?弁当どこで・・・

マツコ (隣を指しながら)ここに置いてあったの

タモリ (置いてある弁当を見ながら)いいのかこれ?

マツコ いいわよ!受信料払ってんだからお父さん

タモリ 受信料って弁当代じゃないだろう?

マツコ 受信料弁当代も込みよ!

タモリ 込みじゃないよ

マツコ 込みだよあのー

タモリ お腹減ったよな

マツコ ついでにあのーBSのあの何か変な画面どうやって消すか
     聞いとこっかなあれ?

タモリ 俺もわかんないんだよあれ     

マツコ あれ何かわかんないどうやって消したらいいのか

タモリ イライラするんだよね

マツコ イヤンもう・・・どうしよう?誰に聞けばいいんだろう?
     (周りを見回しながら)いいのかな?

タモリ ここどこだ?ところで

マツコ わかんないここ 疲れちゃった

タモリ 疲れちゃったもう お前最近疲れ易くなったよね

マツコ あたしもうどうしよう年だね段々もう・・・

(そばで自撮りしているぺこ&りゅうちぇるを見つけて)

マツコ あれ何だっけ?あれ何だっけ?

タモリ あの子ほら・・・

マツコ 何ちゃんだっけあれ?

タモリ えっと・・・ド、ドイツ・・・

マツコ 土井、土井たか子?

タモリ 土井たか子じゃないよ

マツコ ドイツって

タモリ 何ったっけ?

マツコ 何だったっけ?ペポ・・・

タモリ ペポじゃない

マツコ ペコ何とかよ!

タモリ ペコじゃないって!(笑いだす)

マツコ ペコ何とかだって!

タモリ 違うってそれ!違うって!(笑)

マツコ リュウ、リュウ、リュウ・・・何だったっけ?リュウ、リュウ・・・

タモリ 柳亭?

マツコ リュウ、リュウ・・・竜雷太?

タモリ 竜雷太じゃない(笑)

マツコ 何だったっけ?リュウ、リュウ・・・

タモリ お前結構(笑)

マツコ 何だったっけ?

タモリ 結構今日面白いなお前(笑)

マツコ 何だったっけ?あの子たち 
     
マツコ (ペコ&りゅうちぇるの方を向いて)何だったっけ?

りゅうちぇる 竜雷太じゃない!りゅうちぇる!

マツコ りゅうちぇるよ!

タモリ (笑)

マツコ りゅうちぇる!


~狭い部屋に入っていく二人

タモリ こっちから音するぞ こっちだよ

マツコ こんな所・・・こんなとこ違うでしょお父さんこれ

タモリ これじゃないの?

マツコ (バッグがドアにぶつかる)

タモリ お前大丈夫か?大丈夫か?お前

マツコ 違うよここ

タモリ ここよここ音するもん

マツコ でもガーッと音するねえ

タモリ 音するよ

マツコ 何これ?

(タモリ扉を開ける)

タモリ アッ!ここだ!ここだよ

マツコ アッ!ここだー!

(パイプオルガンがあるバルコニーに出る)

(ざわめく会場)

マツコ ここ景色いいねえ!

タモリ ここだよ

マツコ アーここだお父さん!

タモリ オー凄い!

マツコ 景色いいお父さんこれ!あら一番いい席だよここお父さん!

タモリ 一番いい席だよ

マツコ ここでゆっくり見させてもらおうかねえ?

タモリ 見させてもらおうねえ ここ一番いいよねえ

(二人に向かって手を振っている会場の観客たち)

タモリ アーあ、あれ?みんな手振ってる(笑)

マツコ (後ろを振り返ってパイプオルガンを指して)
     これ何だろうね?これ

タモリ これわかんない 何だろう?何だろう?

マツコ (鍵盤を押して音を出す)

タモリ オッ!オイ音出るよ(パイプオルガンに向かって座り直す)

マツコ 音出たよお父さん

(鍵盤を押しまくる二人)

マツコ 凄いお父さん!

タモリ (足鍵盤を踏む)

マツコ 足、足で音出たお父さんこれ!

タモリ (足鍵盤を次々に踏む)

マツコ アッ!それっぽいお父さん!それっぽいよ 

タモリ (両手で鍵盤を押す)
     
(やってきた警備員)

警備員 こんな所で何やってるんですか!

マツコ お父さん上手い!お父さん上手!

(警備員に気づく二人)

警備員 何やってるんですか!危ないから出てください! 
      行きますよ
      
マツコ 行きゃあいいんでしょ (両手で鍵盤を押す)
     お父さんの方が上手だよこれ

タモリ (両手で鍵盤を押しまくる) 

マツコ ほら!


~ロビーのソファに座る二人

タモリ なんか疲れたね

マツコ (グッタリして)もうお父さんもう・・・いいやあたしもう
     
タモリ アア?どうしたんだァお前?

マツコ もう・・・もう見なくていいよもう お父さんもう・・・

タモリ (ロビーの時計を見て)アア!もうお前あれだよ11時過ぎたよ

マツコ もう帰ろう 帰ろうもう・・・

タモリ 帰ろうか?

マツコ 帰ろうもう・・・

タモリ さっきなんかゴジラ・・・

マツコ ゴジラいなかったさっき あれ何だったんだろう?・・・

タモリ 見えなかったよな?     

マツコ 見えなかったもんゴジラ・・・

タモリ ゴジラ何で来るんだよ?

マツコ ゴジラ何?わかんないもうゴジラ・・・何で来んの?もう・・・    

タモリ ポール牧からのメッセージ・・・

マツコ ポール牧じゃないお父さん!ポール・マッカートニーだって・・・

タモリ あっそう

マツコ ポール牧さんもうメッセージ出来ないからもう・・・

タモリ そうか・・・

マツコ 牧さん・・・

タモリ とりあえずもう11時だし帰ろうか?だってもう入れないしさ 

マツコ だってあの人たちが入るなって言うんだもん なんかもう怖いわあの人たち

(ホールへの階段前に立っている二人の係員)

タモリ グルグルと方向がもう全くわかんないしさ

マツコ わかんないもう・・・

タモリ 少し音が漏れ聞こえてくるだけなんだよ

マツコ 何か「ゴメンねー!」って言ってた・・・

タモリ 誰が?

マツコ 誰かわかんない 「ゴメンねー!」って言ってた・・・

タモリ 謝ってたの?

マツコ 謝ってた・・・

タモリ あっそう・・・

マツコ アア!アメ横でカニ買って帰ろうお父さん!

タモリ あ、そうだ!タラバ買おうよ!タラバ!

マツコ タラバ今年高い!

タモリ 高い・・・高いんだよなータラバなー

マツコ タラバが今年取れないんだって

タモリ 正月やっぱタラバ食べないとさ気分出ないじゃないお前と
     あのカッ!(カニの足から身を引っ張る仕草)とー あの身のデカいやつ 
     松葉ガニ細いからさ・・・

マツコ だってお父さんそう言いながらだって お父さん何であんなバカみたいに
     カニばっかり食べてんのよお正月もう・・・

タモリ だって正月はカニだろうお前 正月はカニだよ

マツコ 今年は今年は四本足食べさせてよあたし 
     お父さんお父さんいつも七本食べてんだもん

タモリ (笑)行こう!行こうかもう アメ横

マツコ アメ横 アメ横行こう


~NHKホール正面前

マツコ お父さん結局何も見れなかったね本当に

タモリ なあ(笑)

マツコ でも楽しかったね

タモリ いや面白かったよ

マツコ (立っている警備員を見て)お父さんほら!

タモリ 色々お世話になりました

マツコ お世話になりました

タモリ ありがとうございました

警備員 お気をつけて

マツコ ありがとうございます

(二人歩きながら)

タモリ いい記念だよ本当に

マツコ いい記念なったね

タモリ 絶対経験できないよ

マツコ 何も見るもんなんて・・・

タモリ これ帰る途中で年が明けるな

マツコ お父さん!家でゆっくり年越ししたかったー

タモリ なあ!(笑)

マツコ もうやだー