2016年12月31日

ふるさと審査員

~NHKホール正面前 

マツコ ここだよお父さん

タモリ ここだね

マツコ ここだよ あら

(立っている一人の警備員)

タモリ こんばんは

マツコ こんばんは

警備員 入場整理券はお持ちですか?

(お互い指さしながら)

マツコ お父さん持ってる・・・

タモリ いやいや・・・

マツコ お父さん昨日持ってくって言ったじゃないのよ
     酔っ払いながら「俺が持ってく!」って怒ったじゃないあたしのこと

タモリ 言わないよ俺

マツコ 探してよ

タモリ ちょっと待ってください

(それぞれのバッグの中を探す二人)

マツコ あたし・・・ないよお父さん

タモリ おかしいな・・・

マツコ だってあたし持ってきてないもん今日 
     お父さんが持ってくるって言ったからあたし持ってきてないもの

タモリ 言ったっけ?言ったっけ?

マツコ 何だったっけ?ほらあれ?

タモリ 言われてるんですよ あのーふるさとキャラバンなんです

マツコ ふるさとキャラバンじゃないって!何か・・・何とか調査員みたいな
     やつだよ

タモリ 出口調査?

マツコ 出口調査じゃないよ!何とか・・・何とか調査みたいの・・・

タモリ あの普通のじゃないんです

マツコ 普通の観覧じゃないんですよ

タモリ あのー呼ばれてるんですけども

マツコ だから入らないとマズいんですよ今日

警備員 お持ちでないと入場できないんですよ

マツコ 四角四面なことばっかり言うんだよねNHKはこうやってあんた
     お父さん本当に

タモリ も、もう一回探します

(それぞれのバッグの中を探しながら)

マツコ お父さん持ってくるって言ったから

タモリ 言ったかな・・・

マツコ ないわよあたしお父さん


~再びNHKホール正面前 

(警備員が五人に増えている)

マツコ プロデューサーさんなの?

タモリ プロデューサーに言えば・・・あの・・・

マツコ プロデューサーに言ってもらえばわかるんでちょっと

タモリ 呼ばれて来たんで・・・

マツコ 入れてくださいよ

警備員 整理券をお願いします

タモリ 整理券・・・あのだから・・・

マツコ (一人の警備員を指して)何この人もう・・・だからもう入れてよもう 今・・・

(マツコ、五人の警備員に突進して押し問答)


~NHKホール内

タモリ こっちじゃないか?音がするよ

マツコ 誰も案内してくんないんだから

タモリ 案内しないんだよな

マツコ 大丈夫なの?お父さんこんなとこ

タモリ こっちだよ こっちこっち

マツコ 大丈夫なのこれ?お父さん

(舞台裏に出る)

マツコ イヤだこれお父さん!お父さんこれ!ちょっとどうなってんのこれ?
     
マツコ (舞台の方を見て) あれ!お父さん!

(歌い終わった水森かおりがセットと共にやって来る)

マツコ あれ!

タモリ 凄い

マツコ お父さん!

タモリ 何?

マツコ あれお父さん幸ちゃんじゃないの?

タモリ 小林幸子出てないよ

マツコ 幸ちゃん、幸ちゃんじゃないのあれ?

タモリ 違うよ よく見てよ

(水森かおりがセットの上から手を振りながら通り過ぎていく)

マツコ あらやだ!お父さん!お父さん!お父さんほら!
     お父さん誰だっけ?お父さん

タモリ 水森亜土だよ

マツコ 水森亜土、水森亜土!?

タモリ そう

マツコ 水森亜土ちゃん・・・(水森かおりに向かって手を振る) 
     お父さん・・・凄いね

(カメラが通り過ぎる)

マツコ アーアッ!ごめんなさいねヤダ お父さんこれ見れるんじゃないのこれ?

タモリ こっちどこだ?これ

マツコ どこ?お父さんこれ どこに行ったらいいの?


~ベンチに座っている二人

タモリ 誰が歌ってるか全然わかんない

マツコ (ベンチの隣に置いてある積まれた弁当を凝視)

タモリ 「ぜんぜんぜん」とか言ってた

マツコ (タモリを叩く)

タモリ どうしたお前?

マツコ お父さんほら(置いてあった弁当を渡す) お父さんいいから

タモリ 疲れたよな

マツコ (弁当を開けながら)食べちゃおうそれ

タモリ 弁当どこで売ってた?弁当どこで・・・

マツコ (隣を指しながら)ここに置いてあったの

タモリ (置いてある弁当を見ながら)いいのかこれ?

マツコ いいわよ!受信料払ってんだからお父さん

タモリ 受信料って弁当代じゃないだろう?

マツコ 受信料弁当代も込みよ!

タモリ 込みじゃないよ

マツコ 込みだよあのー

タモリ お腹減ったよな

マツコ ついでにあのーBSのあの何か変な画面どうやって消すか
     聞いとこっかなあれ?

タモリ 俺もわかんないんだよあれ     

マツコ あれ何かわかんないどうやって消したらいいのか

タモリ イライラするんだよね

マツコ イヤンもう・・・どうしよう?誰に聞けばいいんだろう?
     (周りを見回しながら)いいのかな?

タモリ ここどこだ?ところで

マツコ わかんないここ 疲れちゃった

タモリ 疲れちゃったもう お前最近疲れ易くなったよね

マツコ あたしもうどうしよう年だね段々もう・・・

(そばで自撮りしているぺこ&りゅうちぇるを見つけて)

マツコ あれ何だっけ?あれ何だっけ?

タモリ あの子ほら・・・

マツコ 何ちゃんだっけあれ?

タモリ えっと・・・ド、ドイツ・・・

マツコ 土井、土井たか子?

タモリ 土井たか子じゃないよ

マツコ ドイツって

タモリ 何ったっけ?

マツコ 何だったっけ?ペポ・・・

タモリ ペポじゃない

マツコ ペコ何とかよ!

タモリ ペコじゃないって!(笑いだす)

マツコ ペコ何とかだって!

タモリ 違うってそれ!違うって!(笑)

マツコ リュウ、リュウ、リュウ・・・何だったっけ?リュウ、リュウ・・・

タモリ 柳亭?

マツコ リュウ、リュウ・・・竜雷太?

タモリ 竜雷太じゃない(笑)

マツコ 何だったっけ?リュウ、リュウ・・・

タモリ お前結構(笑)

マツコ 何だったっけ?

タモリ 結構今日面白いなお前(笑)

マツコ 何だったっけ?あの子たち 
     
マツコ (ペコ&りゅうちぇるの方を向いて)何だったっけ?

りゅうちぇる 竜雷太じゃない!りゅうちぇる!

マツコ りゅうちぇるよ!

タモリ (笑)

マツコ りゅうちぇる!


~狭い部屋に入っていく二人

タモリ こっちから音するぞ こっちだよ

マツコ こんな所・・・こんなとこ違うでしょお父さんこれ

タモリ これじゃないの?

マツコ (バッグがドアにぶつかる)

タモリ お前大丈夫か?大丈夫か?お前

マツコ 違うよここ

タモリ ここよここ音するもん

マツコ でもガーッと音するねえ

タモリ 音するよ

マツコ 何これ?

(タモリ扉を開ける)

タモリ アッ!ここだ!ここだよ

マツコ アッ!ここだー!

(パイプオルガンがあるバルコニーに出る)

(ざわめく会場)

マツコ ここ景色いいねえ!

タモリ ここだよ

マツコ アーここだお父さん!

タモリ オー凄い!

マツコ 景色いいお父さんこれ!あら一番いい席だよここお父さん!

タモリ 一番いい席だよ

マツコ ここでゆっくり見させてもらおうかねえ?

タモリ 見させてもらおうねえ ここ一番いいよねえ

(二人に向かって手を振っている会場の観客たち)

タモリ アーあ、あれ?みんな手振ってる(笑)

マツコ (後ろを振り返ってパイプオルガンを指して)
     これ何だろうね?これ

タモリ これわかんない 何だろう?何だろう?

マツコ (鍵盤を押して音を出す)

タモリ オッ!オイ音出るよ(パイプオルガンに向かって座り直す)

マツコ 音出たよお父さん

(鍵盤を押しまくる二人)

マツコ 凄いお父さん!

タモリ (足鍵盤を踏む)

マツコ 足、足で音出たお父さんこれ!

タモリ (足鍵盤を次々に踏む)

マツコ アッ!それっぽいお父さん!それっぽいよ 

タモリ (両手で鍵盤を押す)
     
(やってきた警備員)

警備員 こんな所で何やってるんですか!

マツコ お父さん上手い!お父さん上手!

(警備員に気づく二人)

警備員 何やってるんですか!危ないから出てください! 
      行きますよ
      
マツコ 行きゃあいいんでしょ (両手で鍵盤を押す)
     お父さんの方が上手だよこれ

タモリ (両手で鍵盤を押しまくる) 

マツコ ほら!


~ロビーのソファに座る二人

タモリ なんか疲れたね

マツコ (グッタリして)もうお父さんもう・・・いいやあたしもう
     
タモリ アア?どうしたんだァお前?

マツコ もう・・・もう見なくていいよもう お父さんもう・・・

タモリ (ロビーの時計を見て)アア!もうお前あれだよ11時過ぎたよ

マツコ もう帰ろう 帰ろうもう・・・

タモリ 帰ろうか?

マツコ 帰ろうもう・・・

タモリ さっきなんかゴジラ・・・

マツコ ゴジラいなかったさっき あれ何だったんだろう?・・・

タモリ 見えなかったよな?     

マツコ 見えなかったもんゴジラ・・・

タモリ ゴジラ何で来るんだよ?

マツコ ゴジラ何?わかんないもうゴジラ・・・何で来んの?もう・・・    

タモリ ポール牧からのメッセージ・・・

マツコ ポール牧じゃないお父さん!ポール・マッカートニーだって・・・

タモリ あっそう

マツコ ポール牧さんもうメッセージ出来ないからもう・・・

タモリ そうか・・・

マツコ 牧さん・・・

タモリ とりあえずもう11時だし帰ろうか?だってもう入れないしさ 

マツコ だってあの人たちが入るなって言うんだもん なんかもう怖いわあの人たち

(ホールへの階段前に立っている二人の係員)

タモリ グルグルと方向がもう全くわかんないしさ

マツコ わかんないもう・・・

タモリ 少し音が漏れ聞こえてくるだけなんだよ

マツコ 何か「ゴメンねー!」って言ってた・・・

タモリ 誰が?

マツコ 誰かわかんない 「ゴメンねー!」って言ってた・・・

タモリ 謝ってたの?

マツコ 謝ってた・・・

タモリ あっそう・・・

マツコ アア!アメ横でカニ買って帰ろうお父さん!

タモリ あ、そうだ!タラバ買おうよ!タラバ!

マツコ タラバ今年高い!

タモリ 高い・・・高いんだよなータラバなー

マツコ タラバが今年取れないんだって

タモリ 正月やっぱタラバ食べないとさ気分出ないじゃないお前と
     あのカッ!(カニの足から身を引っ張る仕草)とー あの身のデカいやつ 
     松葉ガニ細いからさ・・・

マツコ だってお父さんそう言いながらだって お父さん何であんなバカみたいに
     カニばっかり食べてんのよお正月もう・・・

タモリ だって正月はカニだろうお前 正月はカニだよ

マツコ 今年は今年は四本足食べさせてよあたし 
     お父さんお父さんいつも七本食べてんだもん

タモリ (笑)行こう!行こうかもう アメ横

マツコ アメ横 アメ横行こう


~NHKホール正面前

マツコ お父さん結局何も見れなかったね本当に

タモリ なあ(笑)

マツコ でも楽しかったね

タモリ いや面白かったよ

マツコ (立っている警備員を見て)お父さんほら!

タモリ 色々お世話になりました

マツコ お世話になりました

タモリ ありがとうございました

警備員 お気をつけて

マツコ ありがとうございます

(二人歩きながら)

タモリ いい記念だよ本当に

マツコ いい記念なったね

タモリ 絶対経験できないよ

マツコ 何も見るもんなんて・・・

タモリ これ帰る途中で年が明けるな

マツコ お父さん!家でゆっくり年越ししたかったー

タモリ なあ!(笑)

マツコ もうやだー

2016年8月18日

車内での雑談集

番組が始まって以来 約40カ所の街を徘徊してきたマツコ
街に向かう道中の車内では様々な話をしてきた
今回はマツコが自然体で本音を語った車内での未公開トークを

お届けします


2016年3月 西新宿へ移動中

スタッフ 今日はちょっとあの新宿、西新宿

西新宿ねぇ・・・

スタッフ 高層ビル群がいっぱいありますけれど

やっぱりこう ね、最近の人は六本木とかさ
そういう 感じなんでしょ?東京といえばっていうのは

スタッフ まあ、なんですかね?

あたしはやっぱりもう東京といえば西新宿の高層ビルですよ

スタッフ あ、そうですか

そうですよ 昔は高いビルなんて あれと霞が関ぐらいしか
なかったんだから

スタッフ あ、そうですよね

そうよ 

スタッフ 有名でしたよね 霞が関ビルって

霞が関ビルが日本初の超高層ビルだからね

スタッフ あ、そうですか

そう 今なんかあんなもん超が付くほど高かないけど

スタッフ 今となっては

そうよ あれがもう で、その後に西新宿にほら京王プラザとかさ

スタッフ ああ、有名ですね

そう 三井ビル、住友ビル、あと新宿センタービル、野村ビル、
安田火災ビル そのへんができたわけですよ

スタッフ なるほどなるほど

あれをドラマとかで見てて 「東京って凄いな」っていうのが
あたしの幼少期の

スタッフ なるほど

まあだから東京といえば西新宿ですね・・・

郷愁的なものはあるわよ 西新宿ビル街のこう景色に うん

スタッフ なるほどね

一生インテリジェントビルで オフィスワーカーをすることはないですよ 
あたしは

スタッフ こっから先はまあないんでしょう 

まあないわ!バカにしてんのか?この野郎

でもね もう新しいビルもできてるから
この新宿アイランドタワーなんてのは最近だからね
まあ最近って言っても10年以上経ってるけど
あとこの 東京医大今度建て替えよ

スタッフ あ、そうですか!

そうよ

スタッフ へェーでも、ほんと凄いですね!

何でも聞いて!何でも聞いて!何でも聞いて!

ドライバー LOVEがあんですよね

LOVE!?アッ!いや、キムキムさすがねぇ・・・

スタッフ 何ですか?

あのアイランドタワーのとこにあのーLOVEっていうあの赤い彫刻
あるじゃない?あの名物の もういいや お前死ぬよ こいつもう

スタッフ (笑)

(笑)あれのなんかね 間潜るとね 恋が実るみたいなね

ドライバー 触らないと潜れば

そうそう 触らずになんか肩とか触らずにね
もう初めからデブを除外したシステムよ そういうのがあんのよ

スタッフ なるほど


2015年9月 世田谷通りを移動中

スタッフ マツコさん 今世田谷通りを進んでおりますんで

スタッフ 世田谷はねえ、あのよくマツコさんあんまり相性が
よくない街というか・・・

いやいや!そういう言い方をする あんたってほんとに不出来
いやいや違うって!だから 敷居が高いとかさ色々あるじゃないのよ・・・
だから何かねえあたしを寄せ付けない何かがこの街というかこの辺
要は東京のさ 何ていうのかな 南、南西? 

スタッフ 南西

うん・・・真西真南は平気なのよ結構

スタッフ ああー

東急よね だからやっぱり東急っていうのは 凄いわよある意味
こんなにあたしを警戒させるっていうのはねやっぱり
こんなに色々怖いもんなく生きてきた人間がこんなにビビってるっていうのはね
やっぱりね東急電鉄っていうのは凄い恐ろしいものがあるわよやっぱり うん
だからいきなりね そっからは攻めらんない 
かと言って じゃ京王線沿線のね 下高とかね 桜上水辺りで チャンチャンって
言ったら 「オイオイお前 オウこの野郎 世田谷って言ったってお前それ
ほぼ半分杉並じゃねえかこの野郎」っていう視聴者からのクレームも来るから!
環七と環八の中間ぐらいにしとこっか 環八まで行っちゃうとほんとにもう・・・
どう 砧公園に行くぐらいしかないからね 
それかもう あれ 今昔庵に行ってオヤジと話すしかもうないからね

スタッフ あ、それちょっと面白いですよね 今昔庵は今昔庵で

だからほら!今昔庵はいきなり行くと芸能人の人とか業界の人が
いるかもしれないから迷惑かけちゃうから
今昔庵はねえ飛びこみはダメよねやっぱりね
オヤジの胸には飛びこめるんだけど 
やっぱそれはもうやっぱデリカシーがねちょっとないわよ

ほんとやっぱ渋谷&東急だよねやっぱりね 渋谷&東急&世田谷っていうね
やっぱりもうなんか 何?なんていうのかなあ?もう・・・
三国志みたいなもんよねだからもう

スタッフ 結構な・・・

うん もうちょっと ちょっとあたしじゃあもう ちょっともう太刀打ち
できないわっていう

スタッフ まあこのーちょっと申し上げづらいんですけど あんまり東急
東急って言われるとあの・・・

あたしは東急をダメとは今一言も言ってなくて ハイブランドだって言ってるのよ

スタッフ ああ、そういうことですね

そうですよ 

スタッフ じゃあ大丈夫か

「東急文化ってブルジョアだよね」っていうね 「ハイソサエティだよね」って話よ
あたしはどっちかっていうとそのー何ていうのかな あの・・・
雑多な所でバイ菌にまみれて生きてきたみたいな人生だから
ああいう何ていうんだろう?あの風が吹いても埃が廻んない所は
経験がないわけよ

スタッフ なるほどなるほど

そういう人間にとってはちょっとやっぱりね うん・・・


2016年3月 桜を求めて都内を徘徊中

スタッフ マツコさん 桜のメールが来ております 一応ネットで募集しまして

(穴場スポット表を見ながら)ウーン・・・穴場!ってほどの穴場がないわね

スタッフ (苦笑)そうですね・・・

(表を見ながら)あ、ここ行かない? 

スタッフ どこですか?

(表を読み出す)江東区にある仙台堀川公園です。

スタッフ ちょっと住所言いましょうか

広場というよりお散歩コースのような感じです。

ドライバー 仙台公園目指せばいいんですね?

スタッフ そうですね

東陽六丁目の交差点を 錦糸町方面に進む、
あ、ハイハイ ハイハイ イースト21とかの辺りだよ あのー

ドライバー イースト21って東陽町のイースト21

そう あの辺 あそこの橋だわきっと

ドライバー それじゃ東陽町のほうから北上してく感じでいいすか?

うん それでいいよ

あたしとキムキムでやったほうが早いわね色々

スタッフ (笑)

あたし凄いからね 東京の道結構入ってるよ

スタッフ 凄いっすねー 実際走って覚えてるんですか それって?

あと地図見て 地図好きだからあたし

スタッフ あ、そうか!地図見て でもそれほんと見るだけで
それが入るんですね頭に

友達がいないとこうなるのよ

スタッフ アー・・・

友達と どんちゃん騒ぎしてる時間 何かを見聞きしてるから
無駄に情報が入ってきてんのよ 寂しい人は 情報が増えるのよ

スタッフ なるほど そういうこと でもそれこそお友達ミッツさんとかね
色々お友達 おられるじゃないですか

そんななんかこう・・・ジャリジャリしてる関係ではないわ
大人の関係ですよ

スタッフ なるほどなるほど

スタッフ 憧れるんですよね道に詳しい人に 僕もう彼是東京に来て 20年・・・

憧れてないでしょ

スタッフ エ?憧れてますよ

止め止め いや、いい そういうのいいですよもう

スタッフ いや、ほんとですよ

ねーもうね イヤーね ホントこの人

スタッフ イヤ 憧れますよ

これ何の回?

スタッフ 桜を見る回です 一応


2016年4月 旧東海道 北品川へ移動中

スタッフ マツコさん 今日はあのー品川のほうへ行こうと思います

どこ今?これもうすぐ品川駅?

スタッフ はい

あぁ・・・こんなに賑やかだったっけ?

スタッフ 品川の街が

まあでも品川の駅って特に 商業地帯ではないからね

スタッフ あー

あんま来ることはないよね

スタッフ そうですよね 駅としては大きいんですけど

だからみんな新幹線乗ったり 京急に乗り換えたり
まああとこっちのほらホテルに用事があったりとかそれぐらいよね

スタッフ そうですか

品川駅は港区にあるのよ

スタッフ 品川区じゃなくて

そうなのよ

スタッフ あ、そうですか またこれも不思議な・・・そうなんですか

だからそうだって言ってるじゃないのよ!

スタッフ (笑)何でなんですかね?

いやだから宿場 品川宿っていうのは昔から有名でこの辺 
あのちょっとちょっと離れると品川区なのよ 
だからその そこの地名をもらったんじゃない?

スタッフ そうなんですかねぇ

知らないわよ

だからほら おかしいじゃない 品川駅の次の南側にある駅が
北品川って言うんだから

スタッフ あ、そうか

そうなのよ だから品川 本当の品川の北側にあるから
北品川っていう地名なのよ

スタッフ ハーなるほど 

そうなのよ

スタッフ そういうことなんですか

そういうことなのよ

スタッフ へえー

そういうことなんだよ

スタッフ そうなんですね

そういうことなんだよ

スタッフ そういうこと・・・(笑)

ちょっと今中尾彬さんやろうと思ったんだけど恥ずかしくなっちゃって
中途半端な形で納めました今 はい

スタッフ そうすか

何だろあたし だんだんわかんなくなってきたんだけど
何が正解なのかテレビで話すっていうことはね

スタッフ なるほど いやーでも深いですね

深くないわよ!!

スタッフ 深くないですか

深くないわよ

2016年8月3日

横入り その2

38歳 女性 主婦
エレベーターで飲食店に行く際
後から乗った人が 先に乗り込んだ人を
差し置いてお店に入ることに納得がいきません
私と友人は 先にエレベーター待ちをしてたのに
そのせいで満席と断られてしまいました
本当に腹が立ちます!


・・・・・・

青山 あのー例えばこちらのシチュエーションはどうでしょう?
「行列に並んでいたら、前の客が知り合いを呼び、横入りさせた時」

それもだからもう悔しいけど 

有吉 悔しいけどねー

それはちょっとあたし言えないわ

有吉 そういうことあるってことね

あるあるある 
(青山アナに向かって)それ やったことない?

青山 あります

あるでしょう!一回でもある人はもう言えないのよ

有吉 それやられたんだからやられてもしょうがない

そうなのよ 自分の身にかえってくるのよやっぱり

有吉 僕だからねそういう時やっぱり凄いやっぱ文句は言わないんだけど 
顔でやっぱり 凄い不快だなっていう感じは出すのよ 
でもさそれに負けずにグッと睨んでくる人がいるとさやっぱ俺(横向いて
ショボーンとする)

(笑)

有吉 なんかねケンカになるっていうイメージがあるからね
「何なんだよ!」っていう そこで「おかしいだろう!」っていう
ガッツはもうないのよ おじさんだから

いやあもうそれは そんな元気はもうない 

有吉 そうなんですよ

若い頃だったらまだあれだけど あとはもうだから 自分たちより
先に順番抜かしして入ったお客の トンカツが一回り小さいことを
願うだけよね 「絶対アイツんとこに小っちゃいのいけ!」っていうね 
それぐらいしかもうできないもう

※横入り